バルトレックスは常備しておけ!

バルトレックスは常備しておけ!

バルトレックスを常備しておけばいつでもヘルペスを治せます。いつ性病になるかわからないので是非常備しておくといいでしょう。症状が現れてからだと病院に行かなきゃならないので高い金額がかかってしまいます。

バルトレックスは常備しておくとお得

バルトレックスは、非常に便利な薬といえます。単純ヘルペスウイルスや水痘ウイルス、帯状疱疹ウイルスなどに効果を発揮する薬ですが、強力であるが故に市販薬に成分が含まれていない薬となっています。そのため、常備しておくと、いざ問題が起きた時に診察を受けないで済むというメリットがあります。

バルトレックスは、水ぶくれを生じさせる疾患である、性器ヘルペスや口唇ヘルペス、帯状疱疹や水痘などに効果的です。これらは全てウイルスによる疾患のため、一般的に用いられる細菌を殺す薬では効果が無いため、普段の対応では完治する事が出来ません。ヘルペスなどのウイルスは、完全に死滅させる事が難しく、増殖を停止させて症状を抑えるようにするので、体内にウイルスが残ってしまいます。そのため、体調が悪くなってきた時に症状が現れてしまう事から再発が多く、一度罹患した人であれば常備する事が理想といえるでしょう。

ちなみに、多くの方がヘルペスウイルスなどを殺すための薬としてアシクロビルを連想されるかもしれませんが、このバルトレックスはアシクロビルのプロドラッグですので同じような効果が期待できます。また、薬剤吸収率の効率化が図られているので、服薬量、回数を減らして同じ効果が期待できるので負担も軽減されます。

なお、バルトレックスは比較的安全な薬ですがそれでも副作用が生じることがありますので、初めてヘルペスや帯状疱疹になったという方はまず病院にて診察してもらうようにしましょう。また、喘息や免疫抑制剤の中にはこの薬に対して特異的な反応を示す場合がありますので、服薬している薬がある時は医療従事者に必ず伝えるようにしてください。一度使って問題がないケースに限っては通販を使い個人輸入するほうがお得になりますので、お薦めします。

バルトレックスを病院以外で購入するには

バルトレックスは、ヘルペス治療にとても効果的な薬です。この薬を服用するタイミングとしては、できるだけ症状が出てから早めに、さらに継続して服用を続けることで、効果が出ます。ですので、症状が出てからすぐに服用することが大切です。再発や症状がおさまるまでの早さに大きな影響を及ぼします。ですので、早めに薬を入手し服用しましょう。

しかし、発症してすぐに病院へ行きたいけれど時間が無い、という場合も多々あることでしょう。病院で処方されることしか入手方法が無いのではないか、と思っている人も多いですが、実は病院以外で購入する方法もあります。

病院以外でバルトレックスを購入する方法として代表的なのは、海外からの個人輸入を利用して購入するという方法です。

バルトレックスは処方箋が必要な薬なので、日本の法律では、医師から処方箋を交付された人以外に販売する事はできません。許可されていません。ですので、病院へ行き医師に処方箋を書いてもらわないと、本来なら手に入れることができません。しかし、海外で販売されているものなら法の範囲外のために、購入することができます。さらに、価格も日本で病院で処方されるよりも安く済ませることができます。日本における保険適用価格くらいの金額で購入する事が出来ます。

さらなるメリットとして、個人輸入を利用することで、薬にかかる金額だけでなく、病院へ行く手間と交通を省くことができます。仕事などが忙しくてなかなか病院に行くことができない、というような人にはうってつけの方法だと言えるでしょう。

バルトレックスをできるだけ早めに購入したい、と思った際には、海外からの個人輸入を視野にいれておくとよいでしょう。

1回の治療にバルトレックスはどのくらい必要?

バルトレックスとは口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどのヘルペスウイルス、帯状疱疹や水痘、単純疱疹などの水ぶくれが生じる疾患に対して効果的な薬です。ウイルスによって感染する疾患は、DNAに作用させる事で増殖能力を取り除く必要がありますが、通常の細菌に対する薬剤ではこういった疾患に対応していない事もあって、この薬が非常に有用となっています。ちなみにバルトレックスはヘルペスウイルスなどに効果的な薬として最も有名なアシクロビルのプロドラッグとなっていますので、アシクロビルを使ったことがある方で効果があったという場合であれば、検討するべき薬であると言えます。

そのようなバルトレックスですが、一日あたり1回から3回程度飲まなければなりません。基本的に二回の処方となりますが、治療には口唇ヘルペスの場合で五日、性器ヘルペスの場合はそれ以上かかります。アシクロビルに比べると、負担は少なくなっているものの元々の薬代が高いというデメリットも有ります。そのため、口唇ヘルペスの場合は診察して処方してもらうだけで六千円程度の費用がかかりますし、性器ヘルペスではより高額となる可能性があります。

そのため、もしもバルトレックスで治療しようと考えているのであれば、ネットで個人輸入する方法をお薦めします。この方法であれば

十日分でおよそ四千円程度で済ませる事が可能です。ただし、副作用のリスクが少ないにしてもありますので、効かないからといって決められた量を無視してしまったり、勝手に薬の量をコントロールしてしまうような事は避けるようにしましょう。バルトレックスは効果がある分、リスクも多少はあるので、しっかりとした管理のもと服薬するようにしましょう。