バルトレックスは常備しておけ!

バルトレックスを常備しておけばいつでもヘルペスを治せます。いつ性病になるかわからないので是非常備しておくといいでしょう。症状が現れてからだと病院に行かなきゃならないので高い金額がかかってしまいます。

バルトレックス服用で多発性骨髄腫やリンパ種の予防

バルトレックスとは製薬会社グラコソ・スミスクライン社が製造販売をしている帯状疱疹や水痘(水ぼうそう)や性器ヘルペスの治療に用いられる内服薬です。
性器ヘルペスとは単純ヘルペスウイルス2型(HSV-2)による感染症で初期は無症状もしくはほとんどの人が気が付かないまま感染しています。
初期感染では発熱、全身の痛み、リンパの腫れを伴います。
一度感染するとウイルスが体内に潜んだままで治りません。
感染経路としては、性交渉です。
単純ヘルペスウイルス2型(HSV-2)とHIV(エイズウイルス)は影響し合う事が分かっており、新たにHIV感染症にかかるリスクが3倍も高くなります。
感染が進行するとエイズ患者で性器ヘルペスを患っている人はまれに髄膜炎、脳炎、食道炎、肝炎、肺炎など重傷な合併症を起こすことがあります。
帯状疱疹からも多発性骨髄腫患者が発生しやすい感染症のひとつとしてあげられています。
多発性骨髄腫とはいわゆる悪性の血液のがんで骨髄中のリンパ球ががん化して正常免疫細胞が壊れます。
そのため免疫力が低下して様々な合併症を引き起こす病気です。
ヘルペスといえどもリンパ管から感染したり多発性骨髄腫といった大きな病気にかかる恐ろしさがあるのです。
重症化する前に、早い段階から受診をし診断が出されたらバルトレックスを医師の指示どおり正しく服用してください。
自己中断はしないようにしてください。
正しい治療が行われず期間が延びてしまうからです。
飲み切っても改善がみられない場合は医師と相談してください。
バルトレックスを性器ヘルペスの再発目的で使用されるのですが、その場合は長期の予防服用になります。
パートナーとの感染予防にもなりますが、コンドームの使用等が進めらています。